お知らせ

暮らしと花火

こんばんは、須貝邸女将 沖津です。

昨日は、新庄村の花火大会がありました!

今までの私の記憶の中で、花火大会といえば

真夏の夜、人混みの中、屋台のものを食べながら眺める…

という想い出が多くを占めていました。

 

それも夏の思い出としては趣がありますが

 

肌寒いくらいの夏の夜、少ない人の中でじっくり眺める、生活の延長線で見る花火。

心が満たされていくのを感じました。

私が村に来て3年目、悪天候などさまざまな理由であげられなかった花火でしたが

ようやく今年、観賞することができました。

 

来年もこの時期にご宿泊いただければ、花火を見ることが出来るかもしれません。

昨日のお客さまにもご覧いただけたようです。

翌年も、花火がみられますように!

 

(トップ写真は、オーロラのように撮影できた美しく貴重な1枚です。)